ドアノブの不具合を解消|鍵トラブルのプロへ鍵開けを依頼する方法を解説

ドアノブの不具合を解消

作業員

深刻な事態になる前に

ドアノブは建物のさまざまな場所に使われています。長期的にドアノブを使用すると当然傷んでしまったり、故障してしまったりします。ドアノブが外れてしまうと、部屋の中に閉じ込められてしまう可能性があります。部屋の中に閉じ込められてしまうと、深刻な事態を引き起こしてしまう危険性もあります。したがって、ドアノブに少しでも異変を感じたらすぐに修理・交換することをおすすめします。

不具合が生じたらすぐに直そう

ドアノブが外れてしまう原因は、ドアノブのねじが緩んでしまう場合が多いです。ねじはドアノブの内部に設置されており、ねじが緩んでいることに気づきにくいので注意が必要です。ドアが外れてしまったら放置せずにすぐに交換しましょう。また、ドアノブがぐらついてしまったら、早期に修理することをおすすめします。ぐらついている状態だと大修繕まではしなくて良いので簡単に直すことができます。ドアトラブルを専門にしている業者が数多くいますので、積極的に活用しましょう。

ドアノブの種類を比較しよう!

インテグラル錠

インテグラル錠は、従来使用されていた円筒状のドアノブです。建築年数がある程度経っている古い建物に多く使用されています。防犯性は劣っていますが、かなり安価に設置することができます。

プッシュプルハンドル錠

プッシュプルハンドル錠は、近年多くの住宅の玄関で使用されています。扉を開閉する際には、ハンドルの押し引きによって簡単にすることができます。したがって、操作性に困ることの無いドアノブです。